外務省の外交公電を取り扱うシステムへのサイバー攻撃についてまとめてみた

资讯 4周前 admin
36 0 0

2024年2月5日、外務省の外交公電を取り扱うシステムが中国によるサイバー攻撃を受けていたと報じられました。ここでは関連する情報をまとめます。
2024年2月5日,据报道,外交部处理外交电报的系统遭到了中国的网络攻击。 以下是相关信息的摘要。

閉域ネットワーク上でサイバー攻撃被害と報道 网络攻击造成的损害和对封闭网络的报告

  • サイバー攻撃の被害にあったと報じられたのは、外務省本省と在外公館の間で行われる外交公電を取り扱うシステム(外交公電システムとみられる)。公電は閉域ネットワークである「国際IP-VPN」上で通信が行われており、インターネット上から通信内容を傍受することはできない。サイバー攻撃により公電でやり取りをされていた情報が中国側に漏れていた可能性があるが、具体的にどのような攻撃だったのかや攻撃によって生じた影響など詳細は報じられていない。*1
    据报道,网络攻击的受害者是一个处理外交部主要部门与驻外外交使团之间外交电报的系统(它似乎是一个外交电报系统)。 公共电缆通过“国际IP-VPN”传输,这是一个封闭的网络,通信内容无法从互联网上截获。 由于网络攻击,通过电缆交换的信息有可能泄露给中方,但尚未报道此类攻击以及攻击的影响等细节。 *1
  • 当該システムを所管する外務省情報通信課はこのサイバー攻撃について、「情報セキュリティ上の理由から回答を控える」として事実関係を含め詳細を明らかにしていないが、読売新聞は複数の政府関係者を情報ソースとして2月5日付朝刊一面でこれを報じた。*2
    对该系统有管辖权的外交部信息和通信司尚未透露网络攻击的细节,包括事实,称其“出于信息安全原因不做出回应”,但《读卖新闻》在2月5日早间版的头版报道了这一消息,并援引了几名政府官员作为信息来源。 *2
  • 報道によれば、2020年夏に米国家安全保障局長官らが来日し高官と会談した際、日本政府に対して「日本の在外公館のネットワークが中国に見られている」と警告が行われた。米国側がどのようにしてサイバー攻撃の事実を把握したのかは明らかにされなかった。
    据媒体报道,美国国家安全局局长在2020年夏天访问日本并会见高级官员时,曾警告日本政府,“中国正在看到日本驻外外交使团网络”。 没有透露美方是如何知道网络攻击的。
  • その後日米実務者間で対応が協議され、指摘を受けた外務省のほか、機密情報を取り扱う防衛省、警察庁、公安調査庁、内閣情報調査室の5省庁等でシステム点検を実施した。結果として「脆弱性のあるプログラム」の改善をすることで一致をした。
    随后,日美两国官员对应对措施进行了讨论,除收到指示的外务省外,防卫省、警察厅、公安厅、内阁情报研究室等5个处理机密信息的部委和机构进行了系统检查。 因此,同意改善“弱势计划”。
  • 米国は日本国内の主要な政府機関のシステムについて情報を開示するよう要求していたが、日本は要求への対応は難しいとしてそのままは受けず、改善の状況として自主的に行った点検結果を共有を行った。米国は継続的な点検と強化を求めている。*3
    美国曾要求在日本主要政府机构的系统中披露信息,但日本没有接受这一要求,称很难遵守这一要求,并分享了自愿检查的结果作为改进状态。 美国呼吁继续进行检查和增援。 *3
  • 報道を受け、官房長官は外務省同様に「情報セキュリティに関する事案については性質上回答を控える」と前置きしたうえで、外務省が保有する秘密情報が漏洩した事実は確認されていないとして秘密情報の流出について否定する発言を会見にて行った。*4 また攻撃側として名前が挙がった中国は、「確実な証拠がない状況でいわれのない中傷に反対する」と中国外務省副報道局長が言及したとして記者会見録に掲載。しかし実際の会見では「承知していない」とのみ答えていた。*5
    针对该报告,内阁官房长官与外交部一样,在讲话前说,“由于此事的性质,我们将避免回答与信息安全有关的问题”,然后在新闻发布会上发表声明,否认机密信息泄露,称外交部持有的机密信息泄露的事实尚未得到证实。 *4 记者会记录援引被点名为袭击者的中国的话说,中国外交部副新闻秘书“反对在没有可靠证据的情况下进行无端诽谤”。 然而,在实际的新闻发布会上,他只回答说:“我不知道。 *5

更新履歴

  • 2024年2月6日 AM 新規作成 2024年2月6日 AM 新规作成

*1:政府、外交公電漏えいに危機感 サイバー強化急ぐ、法整備検討,共同通信,2024年2月5日
*1:政府敦促外交电报泄露危机,敦促加强网络,考虑立法,共同社,2024年2月5日

*2:外務省のシステムに中国がサイバー攻撃、公電含む大規模な情報漏えい…主要な政府機関のシステム点検,読売新聞,2024年2月5日
*2:中国对外交部系统的网络攻击,包括官方电报在内的大规模信息泄露…… 主要政府机构的系统检查,《读卖新闻》,2024年2月5日

*3:情報共有 米に不安 公電漏えい,読売新聞,2024年2月5日朝刊3面
*3:信息共享:对美国的焦虑,公共电缆泄漏,《读卖新闻》,2024年2月5日,第3页

*4:中国のサイバー攻撃で外務省機密情報漏えい報道 林官房長官「漏えい事実は確認されず」,TBS,2024年2月5日
*4:由于中国网络攻击导致外交部机密信息泄露 内阁官房长官林“泄露事实未经证实”,TBS,2024 年 2 月 5 日

*5:サイバー攻撃巡り、中国「いわれなき中傷」,共同通信,2024年2月5日
*5:中国对网络攻击的“无端诽谤”,共同社,2024年2月5日

原文始发于piyokango外務省の外交公電を取り扱うシステムへのサイバー攻撃についてまとめてみた

相关文章